医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

学費が安いおすすめの医学部予備校

学費が安いおすすめの医学部予備校

 

医学部予備校は一般的に高いものですが、医学部予備校によっては学費を安く抑えられることもあります。
学費が安ければ通いやすいですし、より模試もたくさん受けて実力アップを図ることもできます。
ここではそんな学費が安い医学部予備校について紹介しましょう。

 

 

学費が安い医学部予備校

まず、学費が安い医学部予備校の特徴として、校舎内の余計な設備や装飾に無駄にお金をつぎ込んでいないということです。
立派な外見の大きな建物を持っている予備校はたしかにスゴイという印象を受けますが、その分だけ授業料も高めになる可能性があります。
また、テレビCMやネット広告などを派手に打っているところは、それだけ授業料も割高になる可能性があります。

 

特待生制度を用意している予備校を選ぶのもアリ

予備校によっては、特待生制度を用意しているところもあります。
特待生として招待されれば、授業料が割安になったり、最高では全額免除になったりします。
予備校が用意する試験を成績上位で突破すれば、特待生として招待されることが多いようです。
もちろん、特待生になるにはかなりの成績を叩きださないと難しいのですが、検討してみる価値はあるでしょう。

 

全寮制ではなく通学生の医学部予備校を選んでみる

全寮制の場合は寮費が学費に含まれるので、学費はかなり割高になってしまう傾向にあります。
しかし通学生の予備校であれば、いくぶんかは学費を抑えることができます。
地方から上京してきて予備校に通う場合は全寮制のほうがいいかもしれませんが、そうでない場合は通学生を選んだほうがいいでしょう。

 

大手予備校の医学部コースとどっちいいのか?

料金が安い医学部予備校はいろいろとありますが、もっと料金を下げたい場合には大手予備校の医学部コースを選ぶことができます。
大手予備校の医学部コースであれば医学部専門予備校よりは学費を抑えることができます。
例えば、某大手予備校の医学部コースであれば一年で80万円程度で通うことができます。
その分、こうした大手予備校の医学部コースは医学部対策では医学部予備校に負けることもあります。
学費をどうしても抑えたい際には選んでみてもいいかもしれませんが、本気で医学部合格を目指すのであれば、医学部に特化した予備校に通うほうがいいでしょう。

結局、安さだけを見るのではなく、

「カリキュラムは充実しているかどうか」

「合格実績は十分か」

「講師の質は問題ないか」

といった部分を総合的に検討する必要があります。

 

学費が安い医学部予備校を選ぶ際の注意点

学費が安い医学部予備校は魅力的ですが、気をつけておきたいこともあります。

 

〇選抜試験があることも

例えば、学費が安い医学部予備校は選抜試験が設けられていることが多くなっています。
この選抜試験に受からないと入学することもできませんから、いくら安いとはいえ注意しておきたいところでしょう。

〇集団授業

また、学費が安い医学部予備校は集団授業のところも少なくありません。
あまりにマスプロ教育だと質問などもしっかり出来ずに授業に置いてきぼりになってしまうこともあります。
それならばお金を多少出してでもしっかりと教えてもらえる医学部予備校を選んだほうが良いことも。
こうしたことを防ぐためにもまずは授業見学に行くなどして実態を確かめておきたいところでしょう。

〇合格率がほかに比べて低くなる

学費が安い医学部予備校は合格率も他の医学部予備校に比べて低いところも多くなっています。
これはしかたのないところですが、コストパフォーマンスはどのくらいあるのかは比較しておきたいところ。
いくら学費が安くても最終目的である医学部合格を目指せないようではどうにもならないということは理解しておきましょう。