医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部予備校と大手予備校の違いとは?

医学部予備校と大手予備校の違いとは?

 

 

医学部予備校と大手予備校は似ているようで異なります。
両者では目指すターゲット・ゴールも異なってくることがありますが、
どちらを選べばよいかは志望する学校によっても変わってくるのです。
ここでは医学部予備校と大手予備校の違いを詳しく解説していきますから、
どちらにすべきか悩んでいるという人は参考にしてみてください。

 

医学部予備校と大手予備校は色々と相違点が多い!

医学部予備校と大手予備校は授業料から教育システムの点に至るまで何かと違いがあるものです。

そもそも医学部予備校は医学部受験に特化した予備校であり、医学部や関連学部を目指す人が通うものです。

一方、大手予備校は学部に特化せずに総合的に受験対策をしてくれるものです。

大手予備校でも医学部対策コースを設けているところもありますが、
通常の学部に通いたいと考えている人が医学部予備校に通うことはあまり多くありません。

○授業料

授業料も両者では異なってきます。
大手予備校ではかなり格安のコースもありますし、一つの授業から受けられるなんてところもあります。
一方、医学部予備校は一年制のところが多く、授業費も高めです。
医学部予備校に通う際には大手予備校よりも年間で20~30万円高くなることは覚悟しておきましょう。

○教育システム
教育システムも両者では異なるものです。
大手予備校ではより柔軟に選択する授業も選べることがありますが、
医学部予備校だと決まったカリキュラムを受けることになるのが多くなっています。
医学部予備校では年度の最初にどのような学校を目指すのか進路調査などが行われ、それによってクラス分けされるといったこともあります。
また、医学部予備校は受験生や浪人生だけでなく社会人も入塾していることがあります。
これは大手予備校との違いの一つです。
大手予備校では社会人を見かけるということはほとんどありませんが、
医学部予備校によっては社会人比率が高くなっているところもあります。
こうした違いも医学部予備校と大手予備校の注目しておきたい相違点です。

医学部予備校と大手予備校のどちらを選んだら良いのか?

両者には相違点が多いものですが、どちらを選べばよいかは中々悩むものです。
とはいえ、医学部を受けることが決まっているという人は迷わず医学部予備校を選んでおくと良いでしょう。
医学部予備校であればやはり医学部対策が充実していますし、医学部を目指す仲間と一緒に勉強をしていくことができます。
一方、目指すべき学部が決まっていない場合には医学部予備校だと困ることもあります。
また、医学部予備校はより教育レベルが高いことが多いですから、
より模試の成績を高めたいというような場合にも医学部予備校を選んでみるのも良いでしょう。
特に浪人生の場合には医学部予備校は役立つものです。
医学部予備校は浪人生の比率も高くなっており、寮を完備しているようなところも多くなっています。
そのため、浪人生の場合には医学部予備校を選んでおいたほうが良いこともあります。
このように医学部を目指す人や浪人生の場合には医学部予備校を選んでおきたいところですが、
塾選びの際には塾の雰囲気が自分にあっているか確かめることも大事になってきます。
塾の雰囲気が合わないと勉強成果もあまり上がりませんし塾に通うのも嫌になるもの。
こうした雰囲気を確かめるにはやはり一度塾に行って見学してみるのが一番ですから、
まずは塾見学に行ってみると良いでしょう。
最後に、塾選びをした後は選んだ塾でやっていく心構えも大事です。
人によっては気が変わりやすくて塾をすぐに変えたがる人がいますが、塾変えを頻繁にするのは良くありません。
そのため、なるべく時間をかけてでもしっかり塾を選んで最初の塾選びを成功させる事が大事です。