医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部予備校の選び方で押さえておきたいポイント

医学部予備校の選び方で押さえておきたいポイント

医師業はどんな時代であっても安泰なものです。
そのため、仕事を辞めて医学部を目指すという人もいるほどですが、医学部受験は一筋縄では行きません。
医学部の入試問題は特徴的で特別な対策が必要なだけでなく、医学部受験ならではのサポートも必要になってきます。
だからこそ慎重に選んでおきたいのが医学部予備校なのです。
そんな医学部予備校を選ぶ前に押さえておきたい重要ポイントについてこの記事では見ていきましょう。

 

医学部予備校を選ぶポイントとは?

医学部を受ける際には医学部予備校に入っておくことが欠かせません。

 

〇実績
こうした医学部予備校を選ぶ際には「実績」をまずは見ておきたいところです。
医学部予備校における実績とは一言で言えば、

「受講生がどのような医学部に入学しているのか」

ということ。
例えば、目指している大学の医学部に入学している生徒が多い医学部予備校であれば安心して入塾できるでしょう。

 

〇強み・弱み

医学部予備校によって強み・弱みがあることも知っておきましょう。
医学部にも地方医学部などのようにいろいろな種類がありますが、

「ウチは都市部の医学部に強い」

といったように特化しているところもあります。

 

〇レベル

医学部予備校のレベルをチェックしておくことも欠かせません。
医学部予備校は全く受験対策をしていない人が入れるところもあれば、

「模試偏差値が○以上ないとダメ」

というところもあります。
自分のレベルに合っていない医学部予備校を選ぶと成果も上がりにくいですから、こうした点も十分比較しておきたいところでしょう。

 

〇サポート体制

どのくらいサポート体制が充実しているかも比較しておきたいところです。
例えば、メンタル面のサポートもしてくれる専任講師がつきっきりでついてくれるような医学部予備校もあります。
受験日当日に送り迎えをしてくれるといった医学部予備校もあるほどです。

医学部は難易度もかなり高いですから、受験に失敗するということも大いに考えられます。
このため、もしも医学部に落ちた際にどのようなサポートが受けられるかも見ておきたいところでしょう。
例えば、次年度は授業料が半額になるという医学部予備校もありますし、入寮料が無料になるということもあります。
こうしたサポート体制がしっかりしていればもしもの際にも安心できて良いでしょう。

 

〇コース

ちなみに、予備校によっては医学部対策コースを設けているところもあります。
こうした予備校で医学部対策をすることも可能ではありますが、やはり医学部専門の医学部予備校には敵わないというのが実際です。
医学部予備校であれば医学部受験時の情報量も圧倒的に多いですし、医学部対策専門の模試なども受けられます。
こうしたことから、基本的に医学部しか受けないならば医学部専門の医学部予備校を選んでおくのが正解です。

 

寮があるかも見逃せないポイント

こうした医学部予備校は東京や大阪に集中していることも知っておきましょう。
特によく名の知られた医学部予備校のほとんどが東京にあります。
このため、医学部予備校を選ぶ際には東京の医学部予備校を選ぶことになってきます。

遠方から東京の医学部予備校を選ぶといった場合には寮があるかも大事なところです。
寮があれば最大限に医学部予備校を活用できますし、余計なことに惑わされないで済みます。
寮で同じ医学部を目指す仲間と一緒に切磋琢磨していけば成績も上がりやすくなるでしょう。

医学部予備校はこうした寮を設けているところも多くて助かるものです。
しかし、一年間暮らすことになる寮ですから、事前に下見をして住み心地がどのくらい良いかは確かめておきたいところでしょう。

このように医学部予備校を選ぶ際には見ておきたいポイントがたくさんあります。
こうしたポイントをチェックリストにして医学部予備校を比較していってみると良い選択ができるはずです。