医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部予備校に受かるには偏差値はどのくらい必要?

世界の人類は無限です。義務教育ではない日本の教育の最高機関である大学には、数多くの内容が学べるようにさまざまな分野が存在しています。

理系の場合は、まずは理としては数学や化学、物理・生物とそれぞれを応用したものが存在します。次に工では電気や機械、土木および航空と応用したものなどがあります。さらに理工という名称もみますが、理と工がミックスされただけなのでここでは割愛します。

文系は文があり、国や英、ドイツ等で、また商や法、政治・経済があり、もっと細かい内容に分類できます。これらが主にメジャーな区分ですが、これ以外にも看護や薬そして経営等があります。看護は看護師向けのもので細かく分かれており、薬でも薬剤師向けのものが数多く併設されています。

医学部は最高難易度の学部です

最後に医学部では、純粋な医と、レントゲン技師のような周辺に関係する分野が多数あります。学科は内科とか外科とか病院であるような分類はなされていないことが多く、入学してからそれぞれの分野を勉強して専門分野を選択できるようになっています。したがって、医学部予備校も入るのがとても難しいですので偏差値もだいたい60~65くらいは最低限必要です。

医学部は偏差値が一般的に高いです

例えば理系の学部いわゆる理学部や工学部、理工学部等を卒業した場合、研究者とかエンジニアとか、自営業で生かしたりという感じでしょう。研究者になるためには、その分野の最高能力を身につける必要があるため、なりたいと思うだけでは難しい現状があります。

数学の道の研究者となれば数学者ということになりますが、テレビ等で出演されてくる数学者の人たちを見ても、何か凄いオーラを感じますし、普通の思考だけでは無理なのが直感的にもわかります。学校の入試問題も難しいものが多くありますが、数学者はそんな入試問題を解くことなんかはかけ算の九九を答えるくらいのレベルでこなしてしまいます。いつも研究している問題は歴史的に偉人と呼ばれている数学者が解けなかった数学の難問を朝から晩までずっと思考しているわけです。

文系であれば弁護士になる人もいます。ただし、誰でもなれるわけではなく、超難関の国家試験に合格しなければいけません。教養問題として知能指数を図るような問題も出題されるので、ただ弁護士の知識があればよいということにはならないのです。医学部はこれら以上に難しいのは説明しなくてもわかると思いますが、人間に対するものですから、ずば抜けて難しいのは当たり前です。医学部予備校も難しくなくてはいけないのです。

医学部予備校は難しいのが当たり前です

人間に直接的に手を触れない仕事ですら、上記にあげたように難しい問題がたくさんあります。

弁護士になったら、人間と人間の心理を正しく把握して、どのような戦略でどのような材料を集めて、どの部分を掘り下げれば、真実が見えて来るのかを瞬時に考えないといけません。法廷では、テレビの二時間ドラマのように、相手の検事が意地悪く隙間隙間と攻めて来ることも多いでしょうから、そういう細部まで戦略を考えていないと、法廷で自分の思っていた道筋から外れてしまった場合に、全く相手に対し反論や意見ができなくて被告の弁護がきちんとできなくなって法廷論争に負けてしまいます。負けてしまったら、被告の人生がまるっきり変わってしまうかも知れないため、簡単にそうなってしまう弁護士はやっていけないでしょう。

医学では、人間の体が相手ですので、取り返しがつきません。間違ったからといって誤りが通用する世界ではないのです。ですから、すべて知識として持っていることは最低限の前提で、そこから、自分のIQや多くの経験で養ったカンなどを頼りに未知の世界を切り開いていかないとなりません。医学部に入るための医学部予備校の偏差値は、目標の医学部の偏差値マイナス10くらいが必要です。