医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

多くの医学部予備校が実施している勉強合宿を徹底解明!

 

医学部予備校が実施している合宿では、一人一人の弱点を徹底的に解明することが共通して行われていることであるといえます。
授業内では主に演習を行っていくことになりますが、授業外ではまた違った学習法を採用していることが多いです。

 

 

 

生徒一人一人の疑問点を解消する

授業外に個別の指導をすることによって生徒一人一人の特徴に合わせた勉強法で勉強をすることができるので、これは合宿だからこそ可能になることではないでしょうか。特に、医学部という高度なレベルが要求される学部の受験対策では、基礎問題はもちろんのこと、応用問題に至るまでの様々な演習をしていく必要があります。そのため、基礎で躓いてしまう状態では応用もできないということに繋がってしまうことになります。

そのようなことにならないようにしていくために、合宿では休暇だからこそ可能な長い時間を確保できるということを最大限に活用することでまんべんなく自分の弱点と向き合う機会を持つことができるでしょう。さらに、質問などがあった場合には、講師の方にいつでも聞きやすい体制を整えておりますので生徒の皆さんは安心して自分の弱点の演習に努めることができることになります。

 

ホテルなどの快適な空間で勉強する

医学部予備校の合宿をする場合には、それなりに勉強がしやすい環境であることが条件として上げられます。この勉強がしやすい環境というのは、あまり騒がしくないような場所をいかに選ぶかということにかかっているといっても過言ではありません。

その一例としてホテルを挙げることができます。もちろん、授業などを行って問題の演習などをしていくような場合には多くの生徒や教師が集まることのできる空間が必要になります。ホテルにはそのような授業ができる部屋が備わっています。また、授業後にはすぐに復習をする事が大切ではありますが、そのようなすぐに勉強ができる場所があり、その場所は静かです。これがホテルが選ばれることの理由です。

ホテルの客室に生徒は泊まることになりますが、この客室は静かで勉強できる机も備わっているので勉強が気軽にできる空間であるということができるのではないでしょうか。そのように復習や演習がしっかりとできる時間が確保でき、次の集まりで授業を受ける際には前もってしっかりと勉強ができていることによって効率的な学習を見込むことができます。簡単には外出ができないという環境も追い込むことができるいい機会になります。

 

多くの過去問に触れることができる機会

医学部予備校の合宿では、医学系の大学の入試問題を演習する機会が持てますので、その機会を利用して多くの過去問に触れることができます。他の生徒と一緒の部屋で問題を解くことによって入試本番さながらの雰囲気の中で勉強をすることができることになります。

また、このようなことをする主な利点としては、自分のレベルがどのくらいの位置に達しているのかということを知る機会がもうけられます。それは、志望校別の模試などの順位や成績をその都度生徒に公開することで、生徒自身のモチベーションアップに役立てていくことができます。

さらに、過去問を解いた後にはすぐに講師がポイントとなる箇所を詳しく解説することを通してさらに理解を深めることができます。授業後やテスト後の時間に自分の理解できていなかった箇所をすぐに教師に尋ねることで自分の能力に磨きをかけていくことが可能にもなるので、医学部予備校の合宿では勉強の方法を見直す良いきっかけとなるでしょう。

他の生徒も合宿に来ていることから、自分以外にもレベルが高い人がまだいるというようなインスピレーションを受けることにもなるので、合宿には在宅で勉強をする以外の魅力が詰まっているといえます。