医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部予備校を選ぶコツ!授業レベルと学力をチェック!

かつては一部の私立大学医学部であれば、偏差値が50台でも合格ができる学校が存在していました。
現在は私立の新設大学でも偏差値が60台で、非常に難易度が高くなっています。
他の学部であれば早稲田や慶応大学に合格できるぐらいの実力が必要です。
難関である医学部に入りたい場合、医学部予備校に通いますが選ぶときのコツはあるのでしょうか。

 

医学部に合格するために必要な学力とは

国公立大学の医学部は私立大学以上に難易度が高く、地方の総合大学でもセンター試験で9割かほぼ満点に近い得点が必要です。
医学部に合格するためには非常に高い学力が必要なので、一般向けの大手予備校の医学部コースでは十分に対応することができない場合があります。

総合大学であれば入学試験の問題が他の学部と共通なので、同じ問題を解いて高得点を取得すれば合格することができます。
ところが一部の単科大学では受験科目を専門とする専任の教官が少ないことから、入試にユニークで癖の強い問題が出題される場合があります。
癖の強い問題の中には普通に受験勉強をしても対応することができないような“悪問”である場合があり、志望大学で出題される試験問題の傾向に合わせた受験対策が必要になります。

医学部に合格するためには非常に高い偏差値が求められますし、志望する大学の入試問題に合わせた受験対策も必要です。
医学部の受験勉強は他の学部よりもレベルが高いので、医学部予備校の多くは受講生のレベルごとに細かくクラス分けが行われて講義が実施されています。

 

医学部予備校の授業レベルと学力の関係とは

医学部を目指す場合には、1年間の限られた期間中に効率良く勉強して受験対策を行うことが求められます。
得意科目や既に理解できている項目は省略して、入試問題に対応するために必要な内容を効率良く学習しなければなりません。
ほとんどの医学部予備校では成績ごとに1クラスあたり数人ずつのクラスに分けて、受講生の実力に応じた授業が実施されます。

もしも基礎的な学力が不足していたり特定の苦手科目の偏差値が低すぎるような場合は、その予備校で開講されている最低レベルのクラスに配属されたとしても講義について行けなくなる恐れがあります。
医学部予備校を選ぶ際には対応する大学や合格実績に目を向けてしまいがちですが、その予備校で自分自身の実力に応じた授業レベルの講義が受けられることを確認しておくことが大切です。

ちなみに医学部を志望する受験生の多くは偏差値が高いので、高い偏差値の学生に合わせた授業レベルの講義が行われるケースが多いです。
一般的な医学部予備校では普通の予備校のように教科書レベルの基礎的な内は授業で説明してもらえない場合がほとんどなので、入学時に講義内容を理解できる程度の学力を身に付けていることが求められます。

 

基礎学力が不足している場合の医学部予備校の選び方とは

医学部入学を目指して受験勉強を開始する場合には、医学部予備校に入学する時点である程度の学力を身に付けている必要があります。
具体的には教科書レベルの内容をほとんど理解できていて、偏差値が50台後半の大学に合格できる程度の実力があることが求められます。
もしもある特定の苦手科目の基礎学力が不十分な状態で予備校に入学してしまうと、一般的な集団指導型の授業ではレベルが高すぎてついて行けなくなってしまう恐れがあります。

苦手科目がネックになっている場合は特定の科目だけ家庭教師をつけて特別に指導を受けるか、完全個別指導のマンツーマン方式で授業が受けられる医学部予備校を選択することができます。
個別指導方式であれば本人の基礎学力のレベルや偏差値に応じて丁寧かつ時間をかけて説明してもらえるので、レベルが高すぎて講義についていけなくなる心配はありません。

完全個別指導型の医学部予備校は学費が高額ですが、本人の実力に応じた難易度の志望校を選んで授業を進めてもらえます。
春に受験生活がスタートする時点で特定の科目の基礎学力が不足していたとしても、完全個別指導型の予備校を利用すればどこかの大学の医学部に合格することができる可能性が高くなります。