医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部受験の難易度はどれくらい?

医学部受験の難易度はどれくらい?

 

医師になるためには医学部に入らないといけませんが、医学部受験はやはり大変なものです。
医学部受験に失敗して浪人するという人も多いものですが、実際にはどのくらい医学部受験は難易度が高いものなのでしょうか。
独学でも突破は可能なのでしょうか。
ここではそんな疑問に答えていきましょう。

 

医学部受験の難易度について知る

医学部受験は決して簡単なものではありません。
医学部にも地方医学部もあれば都市部の難関医学部もありますが、医学部は共通して難しいのは確かです。
例えば、地方のかなり易しいと言われる医学部であっても偏差値は60以上あるのが普通です。
難関医学部ともなれば偏差値70超えは当たり前になってきます。

 

〇医学部対策は早めに始める
このため、医学部受験をする際にはじっくりと用意をしておかないといけません。

どのくらい勉強時間を必要とするかも気になるところですが、基礎ができていない人であれば2年以上も本格的に勉強しないといけないこともあります。
たとえ基礎がしっかりと出来ている人であっても1年間勉強しても合格できるかは不確かなのが医学部です。
このため、医学部対策はなるべく早めに始めておきたいところでしょう。

 

〇医学部予備校がうってつけ

医学部は大変難易度が高く独学で突破するのは難しいものです。
こうした医学部受験は特別な対策が必要になることも知っておきたいところです。
だからこそ医学部受験をする際には医学部予備校に通うことが必要になってきます。

医学部予備校は医学部対策専門の予備校であり、医学部を受けたい人にはうってつけです。
医学部予備校であれば医学部対策も十分できますし、医学部受験をする仲間にも出会えます。
医学部予備校は寮を併設しているところも多く、入寮もしやすいところも利点かもしれません。

 

〇医学部予備校の難点

医学部予備校はその分だけ授業料も高いことは気をつけておきたいところです。
例えば、一年間通うだけで80万円近くかかってくるような医学部予備校は珍しくありません。
これだけの費用がかかるだけの価値はあるものですが、医学部予備校は授業レベルも高くて人によってはついていけないなんてこともあります。
医学部予備校は地域によっては全くないのも難点かもしれません。
このような注意点も医学部予備校にはあるものの、もしも医師になりたい・医学部を目指したいという人ならば医学部予備校を選んで対策しておきたいところでしょう。

 

医学部を選ぶ際に知っておきたいこととは?

医学部は大変なものですが、医学部を志望する際には考えておきたいことも多いものです。
例えば、単にお金持ちになりたいからという理由で医学部を目指すのはおすすめできないこともあります。
確かに医師になれば高給も期待しやすくなりますが、医師はかなり激務の仕事でもあります。
そのため、

「医師になって人名を救いたい」

「世の中の助けになる仕事をしたい」

という思いがないと途中で挫折することにもなりかねないのです。
こうしたことも事前に考えておくと後悔することも少なくなってくるでしょう。

 

〇医学部対策コース

ちなみに、医学部対策は医学部予備校だけでなく通常の予備校でもできることは知っておきましょう。
例えば、通常の予備校でも医学部対策コースを設けているところもあります。
こうした医学部対策コースであれば医学部予備校と同じような教育が受けられるものの、やはり情報の豊富さという点では医学部専門の予備校には劣ることもしばしばです。
とはいえ、通常の予備校を選んでおけば勉強している途中で他の学部に切り替えたくなった際にも対応がしやすくなってきます。
このため、医学部にするか完全に決めていないという場合には通常の予備校の医学部対策コースを選んでみるというのも良いかもしれません。