医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部予備校の1年の流れについて

医学部予備校の一年の流れ

医学部予備校に入る前にはいろいろなことが心配になるもの。
「授業について行けるのかどうか」「どのくらい学費がかかるのか」「志望する学部に入れるのか」といったように不安はつきませんが、そんな不安を少なくするためにも医学部予備校について詳しくなっておく事が大事でしょう。
特に医学部予備校の流れについては十分に押さえておきたいところ。
ここではそんな医学部予備校に入学した後の流れについて見ていきましょう。

 

医学部予備校に入学したらどうなる?

医学部予備校に入学した後の流れは塾によっても違いが多いものです。
例えば、入塾に伴って交流会を行うところもあります。
とはいえ、基本的な流れはそこまで変わりません。
まず、入塾に当って入塾テストが設けられていることがあります。
入塾テストを受けることによりクラス分けがされることとなりますが、入塾テストで出来が悪いとそもそも入塾できないなんて医学部予備校もあります。
入塾テストは基本的な英語や数学などの実力を試すものであり、内容もそこまで複雑ではありません。
入塾の時期は基本的には医学部予備校だと4月が最も多くなっていることも知っておきましょう。
9月入塾もありますが、やはり医学部予備校は浪人生が多いということもあり、4月に入塾して一年勉強して入試を目指すというところが大半です。
入塾後はオリエンテーションや学習の流れについて説明がなされます。
進路や進みたい学校について進路調査があることも。
この後は本格的な学習に入っていくこととなりますが、やはりどこの医学部予備校でも最初は基本的な英語や数学などから固めていくことがほとんどです。
とはいえ、医学部受験時には求められる科目も多いことから平行して他の科目も徐々に進められていきます。
勉強の進度を測るために模試や定期試験も活用されます。
こうした模試や定期試験は医学部予備校では重要な結節となるものですから大事にしておきたいところ。
ゴールデンウィーク休みや夏休みなどがある医学部予備校もあります。
とはいえ、夏休みがあるとしても数日程度しかまとまった休みが取れないことも。
特に受験生の夏はかなり忙しくなる時期でもありますから、大変でも勉強に専念しておきたいところでしょう。

こんなポイントも?医学部予備校の夏以後のスケジュールとは?

夏以後は個別の学校対策、過去問対策に重点が置かれていくこととなりますが、実際に受験する学校選びもしていかないといけません。
夏以後はあっという間に時間がすぎるものでもあり、時間を有意義に活用しておきたいところ。
年が明けるとどの医学部予備校でもラストスパートがかかります。
この時期になると過去問対策がほとんどとなるでしょう。
受験時には受験地まで車を手配してくれるところや受験地まで講師がついてきてくれるなんてところもあります。
こうしたサポート体制はかなり医学部予備校によって変わってきますから比較しておきたいところでしょう。
受験が終わった後もいろいろとサポートをしてくれるものです。
例えば、入校に当って医学関係の補講をしてくれるなんてことがあるのも医学部予備校ならでは。
これが一年の流れとなりますが、これ以外にもかなり奇抜なスケジュールで勉強を進めていく医学部予備校もあります。
例えば、医学部予備校によっては入塾後から過去問対策を始めるなんてところも。
他にも、医学部予備校によっては学校見学ツアーを開催して生徒のモチベーション維持に貢献してくれるところもあります。
特に医学部予備校では模試や定期試験などが重要なポイントとなりますから、これに合わせて勉強も進めていきたいところでしょう。