医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部受験の王道の勉強方法

医学部受験の王道の勉強方法

 

医学部受験は通常の受験とは勝手も違います。
医学部受験はどの医学部を受けるにせよ難しいことは変わりませんし、医学部ならではの対策も求められます。
一体、医学部受験の際にはどのような勉強をしていけばよいのでしょうか。
ここではそんな医学部受験の王道の勉強方法について解説します。

 

 

医学部受験の基本について

医学部受験は決して簡単なものではありません。
医学部はあらゆる学部の中でも最も難しいものですが、それだけにしっかりと準備をして医学部受験に臨まないといけません。

 

〇基礎を徹底的に固める

医学部受験では試験科目も5科目以上も求められることもあります。
このように多様な科目を習得しないといけないことも医学部受験の難点の一つ。

そんな医学部受験の勉強を始めるに当っては基礎を徹底的に固めることが大事です。
医学部受験は試験内容も実に応用的なものばかりで試験においては基礎的な内容は一切問われないのですが、逆に基礎がしっかりできていないのに応用的な学習をするのは大変効率が悪いためです。
そのため、「急がばまわれ」の精神で基礎から始めて行くと良いでしょう。

 

〇過去問

基礎がしっかりと習得できたらここで過去問を入手して見てみると良いでしょう。
基礎的な内容が習得できていれば過去問を見てもどのような内容が問われているのかわかってきます。
それだけ効果的に応用的な内容も学んでいけるというわけです。

過去問を見て試験問題がわかったら実際に応用的な内容を学んでいきましょう。
これと平行して過去問対策も週に一度はしておきたいところです。
過去問に当てる時間は試験日が近づくに連れて増やしていくべきですが、それほどに過去問対策は医学部受験時には大事になってきます。

 

〇定期的に模試で実力判定!

定期的に模試を受けて実力判定することも求められてきます。
特に医学部受験の際には医学部模試を受けましょう。
医学部模試は医学部ならではの問題が出題されやすいですから、自分の実力も判定しやすくなってきます。

年が空けたら過去問対策をメインにするようにして受ける学校の特性に合わせた対策をしていきたいところです。

こうした医学部受験の勉強は最低でも受験の一年前から始めておくのが基本です。
1年間勉強したとしても十分に対策できるわけではありませんから、なるべく早いうちから勉強をはじめることが求められてきます。

 

医学部受験をするならば医学部予備校で!

〇メリット

このような受験対策を一人でしていくのは大変です。
特に基礎もできていない人だと何から勉強していいかわからずに暗中模索状態に陥ってしまうこともあるでしょう。
こうならないためにも、基本的には医学部受験をする際には医学部予備校を利用しておきたいところです。

医学部予備校を利用すれば医学部受験の情報も得られますし、志を同じくする仲間とも出会えます。
医学部受験予備校は寮なども完備されており地方から上京してくる生徒にも便利なところもポイントでしょう。

〇デメリット

その分、医学部予備校は料金がかなり高くなっています。
医学部予備校に一年間通うだけで100万円近くかかることも少なくありません。
このようにお金がかかる医学部予備校ですが、医学部予備校は4月入学しか受け付けていないところも多いことも欠点かもしれません。
医学部予備校に入ると他の学部に切り替えたい際に苦労することもあります。

 

とはいえ、やはり医学部受験をするならば医学部予備校以上に心強い存在はありません。
医学部予備校であれば合格可能性も大いに高まってきますから医学部を目指す人はぜひとも医学部予備校を利用しておきたいところでしょう。
医学部予備校によってはかなり基礎から教えてくれるところもあるので勉強が苦手な人にもおすすめです。

サイト内検索
医学部予備校関連コラム