医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

社会人でも通える医学部予備校、選ぶ際のポイントとは?

医学部予備校の中には現役高校生を対象にした学校もありますが、中には社会人学生を対象にした予備校も存在します。

このような医学部予備校の特徴には様々な点が挙げられます。

また指導の方法にも一般の予備校とは違う特色があります。

 

働きながら予備校に通う場合について

大学を卒業してから公務員や一般企業を勤務した後に、医者を目指して医学部に入学する社会人は存在します。

医学部には年齢制限がありませんので、社会人でも医者になる事は可能です。

また多様な社会経験がある人は、患者の気持ちが理解できる人が多い場合や、病院経営に長じている人が多い傾向があります。

もっとも独学で医学部を目指そうとしても、勉強へのモチベーション等で挫折をする事があります。

そのため働いている人向けの医学部予備校を選ぶことを推奨します。

また働いている人のために講義が夜間や土日を中心に行われている予備校も多い点が特徴です。

このような予備校を選ぶ事により、無理なくカリキュラム通りに必要な勉強を学ぶ事が可能です。

また同世代の方々が多い環境の予備校を選ぶ事により、高いモチベーションで勉強をする事が出来ます。

医学部受験は難関であるため、受験生同士の励まし合いや情報交換は、受験を乗り越えるために必要です。

また予備校を選ぶポイントは、使用しているテキストが合理的か否かを判断する事が大事です。

具体的には、志望する医学部の過去問に適応したテキストや問題集が使われている予備校を選びましょう。

講師のオリジナルレジュメが充実している予備校を選ぶ方法もあります。

個別指導を選ぶことのメリットとは?

働いている人が医学部に合格するためには、しっかりと受験対策をする事が重要です。

文系出身の人が理系科目を得意にするためには個別指導の予備校を選ぶ方法が有効です。

個別指導のメリットは、講師が生徒一人一人の弱点や長所を把握しているために、弱点補強を重視した学習が容易な点が挙げられます。

この点、大教室で講義が行われる予備校は、生徒一人一人の個性を把握する事は困難であるために、合格のために効果的な学習が難しい側面があります。

特に日中は仕事で忙しい人は、医学部合格のためには効率的に学習する必要があります。

個別指導の予備校を選ぶ場合は、講師との相性を吟味する事が重要です。

講師の指導実績や得意分野をホームページや口コミなどを参考に選びましょう。

また講師との距離が近いために、受験に対して精神的な不安についても気軽に相談が出来ます。

どのような予備校を選ぶ場合であっても、後悔しないためには事前のリサーチが重要です。

英語が苦手な場合は医学部入試では苦戦するために、リスニングを含めて、英語指導に強い予備校を選びましょう。

さらに自分の実力を試す方法として、全国模試を多く実施している予備校を選ぶ事が挙げられます。

全国模試は受験者数が多いほど、自分の客観的な実力がわかります。

また模試の問題が本試験と近い予備校を選びましょう。

通いやすい予備校を選ぶポイントとは?

予備校を選ぶ上で大事な事は、長期的に休まずに通える学校を選ぶことです。

例えば、どんなに講師が魅力的でも自宅から離れた予備校を選ぶと、長期的に通うのが難しくなります。

さらに、国立医学部を目指す場合は数多くの科目について高得点を目指す必要があります。

したがって、充実したカリキュラムで、実力が高い講師陣が揃っている予備校を選びましょう。

また仕事で忙しい人のために、メールを利用した質問制度が充実した予備校もあります。

このような予備校を選ぶと、講義の不明点をすぐに解消できるために実力が向上します。

まとめ

大学を卒業した後に社会人になった後でも医学部に入学する事は可能です。

もっとも独学では難関の医学部に合格する事は困難であるために、予備校の利用を推奨します。

そして社会人を対象にした予備校の特徴としては夜間を中心にした講義が行われている点が挙げられます。