医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

チューター制度のある医学部予備校はどうして人気なのか


年々少子化は確実に進行しているというのに、大学入試はその事実の反比例と言っても良いほど難易度が増しているのが事実です。
特に医学部は、ひと昔前までならば経済的な問題さえクリア出来れば比較的簡単に入れると言われていた私立大学でも現在では大幅に偏差値を上げ、誰もが認める難関のひとつとなりました。

 

年々難化する医学部攻略のために

その理由としては医学部を志望する学生が急激に増えたということが挙げられます。今や雇用の年功序列制は崩れ、ひとつの企業に一生勤められるという保証がなくなった現在、医者という安定且つやりがいのある職業に就きたいと願う学生が増えるのもある意味では当然のことかもしれません。

しかし、最難関の学部である医学部に合格することはたやすいことではありません。合格を目指すならばそれなりの準備と攻略方法を考えるということが要求されます。そして、その最短距離にあるものが医学部予備校だということが出来るでしょう。

医学部予備校はその名の通り、医学部受験のために特化した予備校で各学校とも独自の特徴を持っているところが少なくはありません。現在では大都市を中心にたくさんの予備校があるので、どこを選択したら良いのか迷ってしまうという声も聞かれますが、今人気を呼んでいるのが「チューター制度」を持っている予備校であるということをご存知でしょうか。

 

受験の敵はライバルだけじゃない!

チューター制度というのは予備校が合格に向けての受験勉強の指導を行う中で、生徒ひとりひとりをサポ-トする世話役とも言える人を置いた制度のことです。予備校によっては講師が担任を兼ねているところもありますが、チューターというのは、それとはまた異なり、その予備校出身の現役の医大生が予備校生ひとりひとりに付いて助言を与えたり、講師との間のクッションとしての役割を果たしています。そして今、そのチューター制度がある医学部予備校が人気を呼んでいる理由はいくつかあります。

医学部という難関を突破するにはライバルよりも少しでも偏差値をアップすることが最大の近道ですが、実は敵は他の受験生だけではありません。受験勉強をしていると、誰でも煮詰まってくることがあるはずです。スランプに陥って勉強しているのになかなか結果が出せない時など、イライラが募って酷い時には健康状態にも影響してしまうことすらあります。

しかし、家族に相談しようにも家族は受験勉強の現場に関して精通している訳ではないので、説明するのさえ面倒だということになり、結局はひとりで悩みを抱え込んでしまうことになるでしょう。そんな時にチューターに相談することで、気持ちを落ち着けることが出来ます。何しろ彼らだって数年前までは自分と同じような悩みを持ち、それに打ち勝って合格を手にしたのですから、受験生にとってチューターは自分の未来像だということが出来る訳です。

 

二人三脚受験勉強で合格を勝ち取れ!

チューターにしてもその気持ちは同じではないでしょうか。目の前で頑張っている受験生の姿は、数年前の自分の姿です。従って本当に親身になって受験生をフォロ-することが出来ますし、現役の医大生として最新の情報を提供することだって可能です。

医学部志望する受験生は、こうして勉強だけでなく精神的な支えが得られることで安心して受験日までを過ごすことが出来るはずです。目の前にお手本があるようなものですから、受験勉強のモチベ-ションだって否応なしに上がることでしょう。

受験勉強の期間というのは短いようで案外長丁場であったりもします。特に医学部では浪人が当たり前とも言われているので、その長い受験勉強期間中にどれだけ勉強へのモチベ-ションを保つことが出来るかということは、合格を勝ち取る大きなカギです。そんな受験勉強を二人三脚で一緒に走ってくれるチューターは受験生にとっては誰よりも頼れる存在となるでしょう。

そういった意味でも数ある医学部予備校の中で、選ぶならば是非チューター制度があるところをおすすめします。各予備校とも必ず体験授業を受けることが出来るので、積極的に参加をして自分の目で授業の雰囲気やチューターの話を聞いてみましょう。その中には必ず自分にぴったりの医学部予備校が見つかるに違いありません。