医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

学費を抑えたい方向けの医学部予備校の特待生制度について

学費を抑えたい方向け特待生制度について

 

医学部予備校は医学部を受ける際には必須と言って良いほどに重要なものです。
医学部予備校に入塾しているかどうかで合格可能性も大きく変わってきます。
とはいえ、医学部予備校は通常の予備校よりも高いところがほとんど。
人によっては金銭的負担が賄えないということもあるかもしれません。
そんな場合に知っておきたいのが医学部予備校が設けている特待生制度です。
特待生制度を活用することでより有利に入塾して授業料を抑えていけることがありますが、ここではこうした特待生制度についてその特徴を見ていきましょう。

 

特待生制度とは?その仕組について

医学部予備校の学費はかなり高いものです。
一年通うだけで100万円以上かかるなんて医学部予備校はザラではありません。
寮に通うともなればそれだけ費用も増してくることにもなりますが、医学部予備校の学費を抑えたい場合には特待生制度が利用できます。
特待生制度とは入塾テストなどにおいて優秀な成績を獲得した生徒に対して授業料を減額するなどの特典を与えるものです。
入学後も定期試験や模擬試験などで優秀な成績を残せば特待生制度が利用できるなんてことも。
また、特定の高校から入塾した場合に限って特待生制度が利用できることもあります。
特待生制度で得られる特典もかなり様々ですが、授業料が半額になったり、全額免除になるような医学部予備校もあります。
これはかなり医学部予備校によって差が大きいですから、特待生制度がある医学部予備校を探す際にはしっかりと特待生制度についても比較しておきたいところでしょう。
そんな特待生制度ですが、特待生制度は生徒にとってメリットが有ることはもちろんですが、塾としてもかなりお得な制度なのです。
特待生制度を設けることによって優秀な生徒に来てもらえればそれだけ塾の実績も高まってきます。
また、特待生制度があることで生徒の学習モチベーションも高まってより学習成果が高まるなんてことも。
いずれにしても特待生制度は生徒だけでなく塾にとってもメリットの高いものなのです。
こうした特待生制度を狙う際にはそれなりの対策も必要になってきます。
例えば、入塾テストにも特に力を入れてみる、定期試験対策に注力してみるということも大事でしょう。
特待生制度によって学費が抑えられればそれだけ模試などに費用を回せるでしょう。

特待生制度がある医学部予備校について

実際に特待生制度がある医学部予備校も紹介しましょう。
例えば、医学部予備校レクサス教育センターがそんな特待生制度を設けている医学部予備校の一つです。
こちらでは条件をみたすことで学費が30万円免除になるという特待生制度があります。
他にも、プロメディカス医学部予備校も特待生制度を設けている医学部予備校の一つです。
こうした特待生制度は便利なものですが、特待生制度があるからといって良い医学部予備校とは限りません。
特待生制度を利用しても総合的な学費はかなり高いなんてこともあります。
このため、医学部予備校を選ぶ際には他の項目も合わせて検討しておきたいところでしょう。
特に全額免除の特待生制度を設けている医学部予備校もありますが、特待生制度に惹かれて入塾すると後悔することも。
例えば、授業料が全額免除になっても教育レベルが低ければ通っていても意味はありません。
逆に塾変えをすることで余計な手間がかかってしまうなんてことも。
他に特待生制度以外にいろいろな制度を設けている医学部予備校もあります。
例えば、模試の成績しだいで特進クラスに入れるなんて医学部予備校も。
こうした医学部予備校ならではのシステムにも注目して医学部予備校は選んでおきたいところです。