医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

医学部予備校ではトラブルに気をつけよう

自分自身に相応しい医学部予備校を選択することは、狭き門の試験に時間をかけずに合格可能かどうかに影響をもたらします。

そのため、信頼に値する予備校であるのか自身の目で判断することが重要となります。医学部予備校の選択においてはトラブルに注意することが重要になります。

 

合格率の見極めが選択のポイント

第一に、合格する確率がとても高いことを必要以上に言い放っている学校には気をつける必要があります。ひとつの例として10人中5人の合格者が存在している場合、合格率5割とならない時があります。

実際のところ、受験校の総数に占有する合格校比率を合格率という形で計算しているケースがあります。わかりやすく言うと10人が受けた大学の数が30校としまして15校の試験にパスしていれば合格の確率5割ということになります。

そのため、いくつもの大学にパスした学生がいるとすれば、合格者の数は5人未満とさえ考えることができます。しかしながら、全部の予備校が同等の演算方法を活用しているわけではありません。基本的に当てはまる学校もあるということを意味します。

大事なことは、合格するパーセンテージのみを見て選ばないことです。プログラムや指導が素晴らしく合格するパーセンテージが高い予備校も多く見られます。

 

合格者の総数の内容が不明確な場合は注意が必要

医学部に関しては私立であっても学科試験の一次並びに面接もしくは小論文の二次試験といった2段階の選抜を行っています。一次の合格者限定で二次の受験資格が供与され、二次試験にパスして入学ができます。

しかしながら、予備校には元を正せば医学部に対する入学資格のない一次の合格者も医学部合格者の総数に入れていることもあり得ます。こうしたほうが合格者数をたくさん見せられるためです。合格者の数について自信を持っている予備校は、一次試験と二次合格者数を分けて公開しています。

従って、合格者数の公開手法があやふやなケースでは、信頼度の少ないデータですので頭に置いておくようにしましょう。

 

費用の案内があいまいな場合は要注意

医学部予備校を選択するうえで、学費の案内があいまいな場合は避けた方が良いでしょう。専門予備校になると、教育費用も割高なので殊に問題になりやすい傾向があるところです。

一例として、集団クラスとは区分けして個別指導の講習を設定しているケースは留意することが大切です。個別指導の費用については集団よりも高い金額といえます。それに加えて、集団にパッケージとして個別指導がセットされるケースがあります。

しかしながら、これについては現実には個別指導が実行されなかったという話もしばしば聞かれています。但し、個別指導については、不得手なポイントの解決や、集団を担当している教師からマンツーマンの状態でレクチャーしていただくことは学力上昇の有利性を見込めるので個別指導を否認しているわけではありません。大事になってくるのは、先だって担当者に納得できなかったことは次々に質問し、納得ができる形で不可欠な分だけのサービスを行ってもらうことです。

また、学校の応対が良くないことにも注意しましょう。医学部予備校も多く見られますので、一部には管理運営が依然として良いとは言えない学校もあります。質問に対する回答や応対が遅れたりする学校は留意が必要です。

先だって体験入学などを実施する場合は、運営システムもチェックしておくことが重要になります。トラブル回避のことを考えても大事になってきます。

 

医学部の合格を掴みとるため、予備校選考が重要なキーポイントになります。予備校選考で誤ると、1年を無駄にしてしまうことも可能性としてあります。そのため、予備校選考をミスしないための方法を理解しておくことが大事となります。

医学部予備校は数多くありますので、運営サイドが良いと言えないところも存在します。質問や相談の回答や、対処に時間がかかったりなどの予備校は信用しないほうが良いでしょう。

 

サイト内検索
医学部予備校関連コラム