医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

メディカルラボ

「メディカルラボ」は東京都内だけでなく、北海道から九州まである医学部予備校です。どの校舎も主要駅から近いオフィスビル内にあるので通学しやすいでしょう。女子生徒の最寄り駅への送迎等も行っています。余り予備校的な雰囲気もなく、綺麗で閉塞感がないと好評です。設備の豪華さも魅力でしょう。

私大医学部の入試担当者を招いた説明会や、推薦入試を含めた各大学の入試分析会などのイベントがこまめに開催され、生徒だけでなく保護者も、入試の情報などを確認する機会が多いという印象です。

校舎内に何時でも水が飲めるウォーターサーバーを設置したり、生徒一人一人の自習ブースとロッカーを用意したり…等々、クオリティの高い勉強が出来る環境づくりをしています。その他にも夕食の弁当の手配等々、付加的なサービスが充実していることも「メディカルラボ」の魅力です。

完全個別授業なので質問がしやすい

「メディカルラボ」は「完全個別主義」を掲げた医学部予備校で、志望校や学力に合わせて一人一人の個別カリキュラムを作成してもらえます。授業は講師と1対1のプライベート授業を個別ブースで行っています。各ブースを区切るパーティションが薄いので、隣の声が聞こえることもあるのがネックでしょう。

「1回150分の授業」と銘打って、50分3コマをセットとした授業を実施。「導入の講義」・「演習」・「まとめ解説」に分かれていますが、教材は市販の問題集が使用されており、導入・演習・解説に分かれた授業に合わせにくい場合も。折角のオリジナル性の高い授業制度なので、授業用に作ったテキストがあれば更に嬉しい…という声もあがっているようです。

しかし、「メディカルラボ」は「全授業完全理解」を目標として、1回150分の授業を1年みっちり行います。生徒の理解度に応じて進めていくので、置いて行かれることはありません。

自分に合ったテキストを選んでもらえる

大学ごとの出題傾向と生徒の個性・学力を考慮して、本人の志望校とは別に、ふさわしい大学を志望校に加える「マッチング指導」があります。自分と相性の良い大学を受験することで、医学部合格の可能性を高められるのがメリットです。

講師の質にバラツキがある…という声も聞きますが、授業で使うテキストも、市販のテキストの中から自分のレベルにあった参考書を選んでもらえます。「テキストの内容がハイレベルすぎてついて行けない…」ということが無いのが嬉しいですね。

「メディカルラボ」では、朝から夜まで12時間校舎にいなければならず、外出は許可をとる必要があります。「家ではどうしても勉強が出来ない…」という人に合っているでしょう。逆に、ダラダラ勉強したり、ただ座っているだけ…にならないように、自分でモチベーションを高めて、勉強する必要はあると思います。

800名近くの医学部合格者を輩出している

「メディカルラボ」は今までに900名近い医学部合格者を輩出。国公立では京大・北大・名古屋大、私立では慶応・順天堂・東京医科大などの合格実績があり、年々合格者数が増加しています。

私大医学部に特化した独自の模試も行っており、他の大手予備校とは違った正確な判定が可能、というのが売りです。

ネックとしては費用の高さが上げられます。「メディカルラボ」は完全個別なので、最低でも学費が600万円くらいで、最終的には1000万円くらいかかるのが平均と聞きました。お金に余裕のある人向けで、開業医や大手企業に勤務する経済的に裕福な方のお子さんが多いそうです。

しかし、「メディカルラボ」は完全に1対1の授業なので、納得がいくまで質問が出来ますし、自分のペースに合わせて授業してもらえるのが魅力。「有無も言わさず12時間予備校で勉強!」…というシステムも良いですね。腰

メディカルラボを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

完全個別の最適な授業

【講師】
医学部受験のスペシャリストで、ほとんどの私立大学の試験方式や難易度、問題傾向を熟知しており、生徒一人一人に合った大学を紹介してくれ、また志望校に沿った問題を主に授業で扱ってくれます。
授業自体もきついわけではなく、和やかな雰囲気で授業してくれるので、楽しく勉強できました。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
50分×3コマの授業で、最初と最後のコマは先生が授業を行い、真ん中の1コマは課題をする自習時間です。
毎度毎度自分の弱点を見つけられる貴重な1コマで、リラックスしながら課題に取り組むことができます。
定期試験前には定期試験の対策も行ってくれます。

引用元:https://www.med-pass.net/yobikou/

→メディカルラボが持つ大きな特徴の一つが、授業が講師と一対一で行われるマンツーマン形式であることです。集団授業と異なり講師が一人ひとりの生徒と向き合える時間が圧倒的に長いため、より質の高いアドバイスや学習を受けることができます。

また、授業に関して堅苦しい雰囲気の中で行われるわけではなく、生徒がストレスを感じることのないよう和やかな雰囲気の中で行われるためその点も好評のようです。

授業料は少し高いが、内容には満足

【サポート体制】
1人ずつ担任が付き、月に一度面談が行われます。
心の悩みについていつも心配をしてくださるスタッフさんばかりでした。
また、チューターが毎日来て、現役の医学部生なので、難易度の高い問題もわかりやすく解説してくださり、とても助かりました。
【料金】
合格率が高いだけあり、他の予備校に比べて授業料は高額でした。
個別授業なこともあり、1コマ1コマが高額でしたが、浪人してまた予備校に通うことを考えると、高いけど、1年で絶対に合格しようと意気込んで勉強できると思いました。
【良かった点(改善してほしい点) 】
浪人生が大半を占めているので、受験についても質問でき、高校とは違う先輩がいたような感じでした。
皆とてもよくしてくださって、お互いが助け合って勉強しているということを実感しました。
また、現役の医学部生と接することができ、様々なことを聞くことで、モチベーションも高まり、同時にリフレッシュにもなりました。

引用元:https://www.med-pass.net/yobikou/

→メディカルラボでは、一人ひとりに最も適した個別のカリキュラムの作成も行ってくれます。これは生徒の要望や知識や理解度等に関して深い理解がなければできないことです。

月に一度行われる面談に関しても熱心に対応してくれるため、授業料に関しては他の予備校と比較した際に少し割高なようですが、結果的にメディカルラボに通うことに満足したという口コミも多数確認できました。

学習環境がいい

【良かった点(改善してほしい点) 】
医学部に対しての情報量の多さがすごかったです。
入試の問題の傾向の違いだったり、卒業生の傾向から自分がどこ学校と合ってるか教えてくれたり、また、環境も素晴らしかったです。
自習室が埋まることはなく、困らず、赤本、参考書が充実しており、一人一つロッカーもありました。

引用元:https://www.med-pass.net/yobikou/

→勉強しやすい環境が整っており、生徒はもちろん保護者も安心して通わせることができる塾です。例としては、校舎内にはウォーターサーバーがあり、また夕食のお弁当の手配もしてくれます。夜遅くまで勉強することも多く、お弁当を用意してくれるのは保護者にとっても有難いことではないでしょうか。

また学習環境だけではなく、情報量も豊富です。入試の問題の傾向や卒業生の傾向から適した学校を紹介してくれたり、さまざまなことを教えてくれるので受験に対する不安が減少されるでしょう。