医学部受験生の為に東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

野田クルゼ

「野田クルゼ」は少人数制の医学部予備校。クラスは学力で分けられますので、程良い緊張感があります。講師もベテランが多く、質問に親切に答えてくれる講師ばかりのようです。

毎年行われる「夏の合宿」が有名で、希望者と講師でホテルに缶づめになり、早朝から深夜12時過ぎまで勉強します。大変な合宿ですが、参加した生徒たちからは「達成感を味わえた」「自分に自信がついた」といった声が上がっています。

寮も用意されており、地方から来た受験生は衣食住の心配することなく、勉強に集中出来るのもメリット。自室には机やイス、ベッド、小タンス、洗濯機、冷蔵庫、本棚等に加え、床暖房まで備わっています。生活に必要な物が全部揃っている為「入寮初日から勉強出来る」というのが売りです。

伝統ある「野田クルゼ」でしっかり勉強するのも、医学部合格への王道かも知れません。

5~20名の少人数制クラスでレベルに合わせた授業が受けられる

「野田クルゼ」ではクラスを学力別に分けます。授業は5~20名の少人数で行われ、レベルに合わせた授業が受けられるのが魅力。全クラスが余り大人数でないのが嬉しいですね。

同レベルの集団を形成することで、「競争心が生まれ、ほどよい緊張感を持てる」と評判です。クラスアップの実力テストも定期的に行われている為、クラスアップを目標に出来ます。モチベーションが維持できるでしょう。

「野田クルゼ」はご年配の講師が多く、「良くも悪くも昭和の古い医学部予備校」と評されています。しかし、面倒見の良い講師ばかりで、「自分から質問すればしっかり対応してくれる」という口コミが見られます。質問をこまめにしたい人にはピッタリな医学部予備校でしょう。

「野田クルゼ」の名物特訓「夏の合宿」で一気に実力アップ!

「野田クルゼ」では不得意教科の早期克服のための個人特訓を行っています。各講師の授業を受けた後に、自分に合った講師を選ぶことが出来るのも嬉しいポイントです。

また、講師が生徒に適した学習計画を一緒に作ってくれますし、テキスト選びをしてくれるそうです。講師も生徒の弱みや強みがわかっているので、「的確な指導をしてくれる」と評判です。

何といっても「夏の合宿」が「野田クルゼ」の名物特訓。ホテルにこもって早朝から深夜12時すぎまで勉強します。「合宿の夜、だんだん頭が朦朧として来たが体力で乗り越えた。自信がついた」といった体験談も。ちなみにこの合宿を取らない人は、校舎に残って勉強出来ますが、先生もみんな合宿に行くので、講習にはあまりいい先生は残らない…という声も出ています。

医学部合格者だけでなく薬学部や歯学部の合格者も多い

「野田クルゼ」は1970年開校。40年以上の伝統と歴史の中で培われた指導力で、筑波・千葉などの国立大学、慶応・日本医科大などの私立大学の医学部合格者を輩出しています。少人数制の医学部予備校ながら、合格者の数は160名を超えています。

医学部を途中で諦めて薬学部や歯学部に転向する人も少なからずいるようですが、そういった進路相談にものってもらえるようです。そのため、歯学部や薬学部の合格者も多いのが特徴です。

「野田クルゼ」は夏の合宿やクラス分けテスト等々、昔ながらのやり方を貫く医学部予備校。「合宿やクラスのアップダウン等がないと、多分自分は勉強しない…」という人に向いていると思います。「質問がしやすい」というのも魅力ですね。

野田クルゼを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

程よく刺激を受けられる良い環境
【講師】
どの先生も質問に懇切丁寧に対応してくれ、プライベートでの付き合いもあり、浪人期間は思いのほか楽しかった。

【カリキュラム・指導方針・授業内容】
特別進学クラスに在籍させていただいているときに同級生の勉強ぶりに刺激されて自分も頑張ることができ、無事一浪で合格させていただけました。

【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
校舎の中は狭いながらも勉強しやすい環境は十分に確保されておりましたので、どこにいても勉強は十分できました。秘書の女性の方々も優しく対応して下さいました。不都合は感じませんでした。

引用元:https://www.med-pass.net/yobikou/

→野田クルゼは他の医学部予備校と比較すると、ご年配の講師の方が多く、非常に面倒見が良い講師の方が多いようです。口コミの意見にもあるよう深いレベルまで親身に生徒にアドバイスしてくれるようなので、本来であれば辛いはずである浪人期間ですら負担を重く感じることなく楽しく学習に取り組む事ができた方も中にはいらっしゃるようです。

開校から40年以上経過し、なおかつ人気であり続けている理由がここにあるのでしょう

自習環境に関しても好評
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
定期的に行われた、クルゼ模試がよかったと思います。各教科重要事項をまとめてくれた教材はとても役に立ちました。個別に面談を何回も行ってくれたのが良かった。

【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
教室は設備は新しくはないのですが特に気になることはありませんでした。自習のしやすい環境でした。雑音もなく勉強をするにはとてもよい環境でした。

【料金】
料金は国立コースだったため、他のコースに比べ安いです。ホテルでの講習は別途掛かります。模試の成績等を見せ、国立コースに入れれば他の予備校より割安だと思います。

引用元:https://www.med-pass.net/yobikou/

→野田クルゼの口コミでは「自習がしやすい。」という意見が数多く見られました。授業は5~20名の少人数制で行われ、個別授業というものが存在しない反面、一人であってもきちんと学習が行える環境にも配慮されているため、集団と個人の異なる学習スタイルにバランスよく取り組めるため、その点を評価している方も多いようです。

コースが分かれている

【カリキュラム・指導方針・授業内容】
国立大学のコースと私立大学のコースに分かれてます
国立大学のコースは授業は少なめで、自分で勉強する時間を大切にしているコースです
私立のコースは授業は多いですし、私立の問題は特殊なものが多いので、先生がそれに対応した問題を用意してくれ、解説をしてくれます

【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
少人数の予備校なので、みんな仲が良く、いろいろな情報交換をすることができます
例えば、どこ大学の問題がよかったとか
自分の自習席があるので、思う存分勉強できます
また塾にはすべての大学の過去問があり、コピー機が無料なのもとてもいい点です

引用元:https://www.med-pass.net/yobikou/

→口コミにもあるようにクラスを国立大学、私立大学に分け、国立大学の授業は少なめで、私立大学のコースでは私立の特殊な問題に対応した問題を用意してくれるなど、それぞれに合った授業を行ってくれます。そこからまた学力別に分け、5~20名の少人数で行われます。

このようにレベル別に分けることにより、同じレベルの人たちと学習できるので、競争感が生まれ、勉強に対する意欲が増していくでしょう。生徒同士はライバルであり、仲間でもあるので、仲良く学ぶことができ、いろいろな情報交換もできるところも魅力です。